Cucina Italiana

クチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)
第154号

庶民価格のレストラン

はじめに


  土曜日に遊びに来た舅とダンナが昼ごはん用の材料の買い出しに行った所、望むような新鮮な魚が得られず、「ならば、食べに行こう!」と勇断。で、やって来ました。前回と同じ港町のANZIO。でも今回は、ダンナがこういうこともあろうかと見ておいた「昼定食16ユーロ」の庶民価格のレストランでした。
 
 庶民価格のレストラン→こちらから
 
イタリアの台所ウェブ版
https://www.ivc-net.co.jp/cucina/index.html

 

前菜


 定食メニューに4種類の前菜の名前があり、どれかを選ぶのかと思ったら、全部だしてくれて得した気分。
 
 鱈のすり身団子揚げ。白身魚のソテー。ブルスケッタの魚乗せ(写真上)。
 バッカラ(タラの塩付け)の天ぷら(写真下)。カラッと上がってて美味しー。ヘタすると衣ばかりで中はちょっぴりなんてことがよくあるのだけど、ここは見た通りの大きさの具が入っていました。

 

プリモ:海の幸のスパゲッティ


 茹で加減半分の所で、海の幸の味のするソースと一緒に煮込んだもの。
 
 ダンナと舅は気に入ったけど、私は麺がヌルヌルして好きじゃない。
 
 「このほうが味がしみておいしいではないか。こうするの本来だ」と自説がいつも正しいとするダンナが言うが、味は好みの問題でしょ。

 

セコンドのプレート


 これも得した気分の三種類。
 
 イカのトマト煮。イワシのフライ。ボラの狩人風(オリーブオイルと酢で煮込む「狩人風」は、普通野生の肉を調理する方法だけど、よく合っていました)

 

  昼ごはんの後は海岸で食休み。さすがに泳いでいる人はいなかったけど、水着で日光浴は見かけた秋日和でありました。
 
 庶民価格のレストラン→こちらから

 

次回予告


 ローマで有名な塩漬け干しタラの天ぷら、Filetti di Baccalaフィレット・ディ・バッカラ。次回はようやく日本で作ったタラの天ぷらを報告します。
 
 ウェブ版イタリアの台所→
 http://www.ivc-net.co.jp/cucina/index.html

 

発行


ITALIAN VIDEO COLLECTION NET
 
株式会社イタリアンビデオコレクション
情報の投稿・ご意見・お問合せは
info@ivc-net.co.jp
イタリアでのビジネスや旅行は
http://www.ivc-net.co.jp/