イタリアでのラインを使った買付けお手伝い

 イタリアファッションの中心地トスカーナ地方のフィレンツェを拠点にファッション・ブランド品の買い付けをラインを使うことにより現地訪問無しに効果的な買付けをお手伝いします。

 ルネサンス期から織物産業の栄えたフィレンツェは、職人の街として発達しておりいます。そのためフィレンツェを中心としたトスカーナ地方はファッション産業の生産地としても知られています。ここには、流通在庫の処分販売を行うストックハウスがあり、価格的に最安値が提示されることから、人気となっています。

ストックハウス
ストックハウスの内部

ラインを使って日本にいながら現地で買付け
 

 イタリアでの買付けでは、価格的にはストックハウスでの買付けが最も有利です。しかしストックハウスのブランド商品はイタリア向けのみならず品質の異なる他国向けのものが混じっており、現品の確認が不可欠でした。このため費用のかかるバイヤーの現地訪問が必須でした。

 このようなお悩みに対処するためイタリアンビデオコレクションではラインを使った買付けサポートを実施しています。このサポートはイタリアンビデオコレクションの担当者が、買付け前日にストックハウスの商品在庫を確認し、それに基づき、買付け当日に日本との間で画像を含めてラインでリアルタイムにやり取りするものです。もちろんバイヤーの現地訪問に代替出来るものではありませんが、周知のブランド商品を日本にいながら購入出来るので、大変効率的なお買付けができることになります。

ストックハウス  ストックハウス

セレクトショップでの買付けでもラインを使った買付けをご利用できます
 

 これまでストックハウスの買付けでは渡航費用の問題がネックとなっておりました。ラインを使うことにより効果的な買付けができるということで、新たな買付け方式として注目されております。この買付け方式はストックハウスだけでなくセレクトショップの買付けでも応用可能ですので、ご希望のある方はイタリアンビデオコレクションにご相談ください。  

お買付けの手順

1.事前調整
・お客様がご購入希望のブランド、商品をお聞かせいただき、ストックハウスでの購入の可能性があるかどうか、お知らせ致します。
・可能な場合は、日程調整をさせていただきます。
 
2.事前訪問
・弊社担当者がストックハウスの事前訪問を行い在庫の商品とサイズ、品質を確認いたします。良い商品があった場合は取りおいてもらいます。
・お客様に在庫状況の報告を行い、翌日の買付け実施の可否を判断いただきます。(この段階でお買付けを中止されても構いません)
 
3.買付けの実施
・ラインを使って現地の担当者が日本のお客様と連絡を取りながら、ラインでお送りする画像をもとに買付けを行います。
・その日の購入内容は、インボイスが発行され、ご購入された商品を確認いただきます。
 
4.お支払いと配送
・インボイスに基づき、日本の銀行から翌日ないし翌々日にイタリアのショップの銀行宛にご送金下さい。
・現地イタリアの銀行にて着金の確認後、配送されます。
・現地で発送後、概ね1週間程度で日本の空港に届きます。
 
 お問合せは→info@ivc-net.co.jp

           
担当するコーディネータの料金
事前訪問 250ユーロ 買付けを実施する場合は相談ください
買付けサポート料金(1日) 450ユーロ 8時間拘束です
買付けサポート料金(半日) 300ユーロ 4時間拘束です
オーバータイム 70ユーロ/時 拘束時間を越えた場合に適用します
購入のサポート費用 ご購入額の3% 免税、配送等の手続きをする費用です
上記には交通費等は含まれておりません
業務内容、業務の難易度により料金が変わることがございますのでお問い合わせください

 

ストックハウスでの買い付けのお手伝い

 各ブランドは、シーズンの売れ残り品をアウトレットで販売する他、流通在庫をストック・ハウスと呼ばれる 販売業者向けのストアーで処分販売しています
 
ストックハウスの買付けは→こちらから

メーカーオーダーによる業務買い付け

 イタリアの幾つかのブランドはショップを通じてメーカーオーダーが可能です。ブランドによりますがイタリア定価の50%引き程度での購入が可能です
 
メーカーオーダーは→こちらから

卸売り専門店(問屋)での買い付け

 国外ではあまり知られていないイタリア国内ブランドは業者向けに販売する卸売り専門店で販売しています。品質の高い未開拓のブランドが見つかります
 
卸売り専門店での買付けは→こちらから

新しいブランドの発掘のお手伝い

 イタリアでは日々新しいブランドが生まれています。今後ブレークしそうなブランドを発掘してお客様にご紹介して契約をお手伝いします
 
新しいブランドの発掘は→こちらから

業務買い付けの最新情報