ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>イタリアの食の文化> お薦めレストラン> レストランのメニュー> Ristorante San Bricco
イタリア
食のガイド





トスカーナ食の体験ツアー

収穫祭サグラと地元の祭り




フランチェスカの聖体拝領のお祝い食事会
Ristorante San Bricco(Verona)

 北イタリアのベローナには義理の妹一家が住んでいて、10歳になる姪フランチェスカがいます。10歳は教会で初めて「聖体(キリストの肉であるパンの代わりの薄いおせんべいのような物)」を受け取る儀式の年齢です。これで晴れて真のキリスト者となるわけです。信仰心の篤いカトリック教徒にとっては、洗礼に続いて「人」として生きて行くための大事な儀式です。まぁ、七五三のようなものでしょうか。10歳までつつがなく成長できた子を、親は嬉しく、神様に感謝したくなります。

教会  ベローナの郊外に住む義妹達の教会。知識を総動員してみるに、ゴシック様式が少し垣間見られるロマネスク様式の教会。つまり、ルネッサンスのちょっと手前、ということで、14世紀初頭の建築ではないかと推測します。

フィレンツェから北の教会に多く見られる、色大理石の横縞模様も特徴的。ベローナはピンクがかった大理石が取れるので有名です。とれ「た」かな。


教会  こうした人生の大事な節目の行事にはごちそうが付きもの。ベローナの郊外の山の中のレストランでお食事会です。

 8種類の前菜、8種類のパスタ類、10種類の肉類から選べるようになってました。
さぁ、迷うぞ!

教会  前菜:山の中のレストランだから、これはおいしいのではないか、と、猪のサラミ。

ブルスケッタには美味しいオリーブオイルがかかってました。




教会
 義理の妹の前菜。野菜のパイ、フォンドュ床。味見させてもらったら、ベローナ産のデリケートなチーズのフォンドュが野菜に合っておいしかったです。





教会  パスタ類:三つの味を混ぜてもらえるということで、「梨の包、バター和え」「タリアテッレのうさぎひき肉トマト煮和え」「クレスペッラ(ちぎったようなパスタ)のラディッキオ(ベローナの野菜)ソースとチーズ和え」で、どれもおいしうございました。
 ベローナのチーズはどれも優しい味がします。

教会  肉類:本来はあまり好きじゃないのだけど、義妹が「おすすめ!」というので頼んでみました。馬のフィレ肉のリキュール煮。

 いやぁ、柔らかく、馬肉の甘さとリキュールのかおりがよく合ってました。


教会

 これは息子が注文した、豚のスネ肉のオーブン焼き。
 息子は何よりもその大きさに満足してました。



教会
 最後はどうしたってケーキで。

 姪が大好きな、イチゴとメレンゲのケーキ。





教会
 締めくくりは、スプマンテで乾杯。

 たまのことだから、と、肝臓のせいでアルコールは飲んではいけないおじいちゃんも、ちょこっと口につけました。

menu

当日のメニューです。
ちなみに…
Ristorante San Bricco
住所:Via Casetta 10
San Bricco di Lavagno (Verona)
tel: 045-8740054

ヤマネ・ミドリさんと回るローマのツアー


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION