ローマから吹く風第61号
ローマでコロナ−イタリアのコロナウィルスの現状2

コロナの中の復活祭

 
目 次
1.はじめに
2.ローマでコロナ2から7
3.コロナの中の復活祭
4.イタリアにおける利用可能な主な交通手段

1.はじめに

 前回からこのメルマガでは、「今のイタリアをお知らせしよう」ということでメルマガを発行させていただいております。弊社でお仕事してくださっているローマの山根みどりさんから、日刊デジタルクリエーターズ「ローマ在おばちゃんの日常から見たコロナ騒ぎ」を通じて、イタリアの現状を知らせていただいています。これをベースにイタリアの情報をおくらせていただいております。
 前回報告した後のローマでコロナ その2以降7までの情報を取りまとめてお知らせいたします。新聞情報によるとイタリアでは4月末までに150人以上のお医者さんが亡くなっています。臨終の祈りを捧げる神父さんにも犠牲者が出ています。3月10日以降、イタリア全土で食料品の買い出し以外の外出が禁止されていました。4月末になり、コロナでの感染者数が緩んできたことから5月4日の首相令で、フェーズUに入ったことが宣言されています。徐々にイタリアも復興のステップを踏み始めました。
 フォルツァ・イタリア!、フォルツァ・Midori!!

2.ローマでコロナ

<ローマでコロナ2>
 3月11日の夜、テレビ番組で、首相よりイタリア全土がレッドゾーンに指定され、食料品店を除くすべての商店が閉鎖されました。セリエAのサッカー選手にも感染者が出ています。看護婦さんのFaceBook投稿で、医療関係者の必死な思いが伝わってきます。自宅待機者向けに様々な会社が、例えば携帯電話会社はGBの無料、SNS無料、デジタル書籍無料といったサービスを提供し始めています。また、主な美術館も無料でバーチャル公開を開始しています。このような中で、3月13日の午後6時に「みんなで窓を開け楽器を演奏して国歌を歌おう」イベントがオンラインの呼びかけで行われ、盛況でした。暗くなれないイタリアです。
 
 ローマでコロナ1→http://bn.dgcr.com/archives/20200312110300.html
 ローマでコロナ2→http://bn.dgcr.com/archives/20200316110300.html
 
<ローマでコロナ3>
 コロナの感染者が、北イタリアを中心に3月末で10万人を超えました。死者も12000人以上になっています。首相令により、外出に際しての「自己申告書」保持が義務づけられ、あわせて外出が禁止されています。都市部の住民は自宅待機で閉塞感がたかまっています。このような中で、みんなで励まし合おうと、高名な音楽家が、YouTubeを使って、演奏を流す取組みが行われています。
 
 ローマでコロナ3→http://bn.dgcr.com/archives/20200402110100.html
 
<ローマでコロナ4>
 4月4日、イタリアの累計感染者数は124,632人。前日に比べて4,805人増加、ただし、増加率は4%。感染者が恐ろしい勢いで増え始めた3月前半は、増加率が20%を超えていたことから見る、と数字の上では増加曲線が少し和らいだ、状況です。
 
 ローマでコロナ4→http://bn.dgcr.com/archives/20200410110000.html
 
<ローマでコロナ5>
 コロナでの感染者数が緩んできたことの報告が行われており、対ウィルス第二段階との首相発言もありました。国民に対する経済支援の話も出てきました。4月14日から本屋、文房具屋、子供の衣料品店、クリーニング店は営業してよい。5月4日から、徐々に他の業種も営業を再開してよいことになりました。少しづつ、回復の兆しが見えています。
 
 ローマでコロナ5→http://bn.dgcr.com/archives/20200421110100.html
 
<ローマでコロナ6>
 Midoromaさんによると、さすがにくたびれているようで、家事一時停止宣言をしたところ、ダンナさんも息子さんもお手伝いするようになったとのことです。「家族全員、互いにそれぞれを尊重する、理解する態度が必要な期間なのだ。」とのことです。コロナの中でのパン作りも、このような家族協力の賜物だったようです。
 
 ローマでコロナ6→http://bn.dgcr.com/archives/20200423110100.html
 
<ローマでコロナ7>
 4月26日の夜半にテレビで新たな首相令が出されたことが知らされました。5月4日からイタリアは5月4日から第二フェーズへ入ることになりました。住まいが属する州内の移動は可能。「関係者」を訪ねることは可能、となっています。博物館、美術館、図書館を開館してよい。BAR(珈琲屋さん)レストランは、お持ち帰りやお届けは良い。などなど。細かい点では不明なことはありますが、それでも一歩進みました。日常に入る次のステップです。
 
 ローマでコロナ7→http://bn.dgcr.com/archives/20200501110100.html

3.コロナの中の復活祭


 
 今年の復活祭は4月12日です。ローマのMidoromaさんから復活祭のお祝いのプレゼントを抱えて微笑む写真とともに、復活祭のお食事のレポートが送られてきました。今年の復活祭のハイライトは、居候のサルデーニャ青年がつくる「子羊のサルデーニャ式直焼き」です。家族全員で焼き場をセットします。彩りを添えるのは「イノシシのひき肉のラグー」。
 
 デザートはできあいだけど「リコッタ・チーズのケーキ」があります。ちなみにプレゼントの中身は定番の復活祭の卵型チョコレート。入っていたのはウルトラマンの鉛筆キャップでした?!。
 
  詳しくは→https://www.ivc-net.co.jp/cucina/2020/cucina209.html

4.イタリアにおける利用可能な主な交通手段

 5月2日現在で、航空便を見ると、なんとか経由便で日本との間の足が確保されていることがわかります。直行便は6月から再開予定となっています。
 
 利用可能な主な交通手段→https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/covid_19_traffico.pdf
ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp
 イタリアでのビジネスや旅行は→こちらから
 メルマガバックナンバーは→こちらから