ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>イタリアの観光案内>イタリアの世界遺産> ベネチア、ベローナ等北東イタリアの世界遺産

ベネチア、ベローナ等北東イタリアの世界遺産


 ヴェネツィアは、中世には海上貿易都市国家であるヴェネツィア共和国の首都として盛えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などの別名をもっています。ヴェネツィア湾にできた潟ラグーナの上に築かれ、運河が縦横に走っています。1987年に世界遺産として登録されています。その主な建築物は次のようです。
ヴェネツィアの紹介は→こちらから
サン・マルコ広場
 サン・マルコ広場は、ヴェネチアの守護聖人である聖マルコに由来したヴェネチアの中心の広場です。広場には、高さ約100メートルの四角い鐘楼がありエレベータで上ることができます。この鐘楼はヴェネチアの鐘楼として有名で街のシンボルとなっています。
サン・マルコ広場の紹介は→こちらから

サン・マルコ大聖堂
 9世紀に、エジプトで発見された聖マルコの遺体と呼ばれるものを納めるために建築され聖堂です。サン・マルコ寺院入口の上部にある4頭の青銅馬像もコンスタンチノーブルから奪ってきた戦利品で、BC400〜200年頃の作品と言われています。なお現在飾られているのはコピーで、本物はサン・マルコ寺院内部に展示されています。
サン・マルコ大聖堂の紹介は→こちらから

ドゥカーレ宮殿
 ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿はサン・マルコ広場にあり、共和国の総督邸兼政庁だった建造物です。8世紀に創建され、現在の形になったのは16世紀のことです。外観はゴシック風のアーチが連続し、イスラム建築の影響も見られる細やかな装飾が施されています。
ドゥカーレ宮殿 の紹介は→こちらから

カナル・グランデの建築群
 ヴェネツィア本島の真ん中には逆S字形のカナル・グランデ(Canal Grande、大運河)がヴェネツィアの北西から南東へ、市街を2つに分けながら湾曲して流れています。何世紀もの間ゴンドラ(gondola)と呼ばれる手漕ぎ船が運河の交通手段となっていました。
カナル・グランデの紹介は→こちらから

リアルト橋
 リアルト橋は、ヴェネツィアの大運河・カナル・グランデに架かる4つの橋の一つで、白い巨象」とも呼ばれています。16世紀末に現在の石造りの橋となっています。橋からの眺めも良く、ヴェネツィアの雰囲気に浸るには絶好の場所です。
リアルト橋の紹介は→こちらから

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオのヴィッラ(1994年登録)

 15世紀に活躍した建築家アンドレーア・パッラーディオの設計したパラッツォおよびヴィッラを対象に指定された世界遺産です。パッラーディオの作品が多く残るヴィチェンツァは「パッラーディオの街」と呼ばれています。


ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯(1995年登録)

 ポー川の支流ヴォラーノ川流域にあるフェラーラは14世紀、エステ家によって整備されました。ルネサンス期に文化の中心地の一つとして栄えた町です。フェラーラは、15世紀から16世紀にかけつくられた9km以上の市壁に囲まれており、世界資産に登録された歴史地区は、初期ルネサンス様式のテラコッタで装飾された宮殿・邸宅を多く見ることができます。


ラヴェンナの初期キリスト教建築物群(1996年登録)

 ラヴェンナは、東ローマ帝国(ビザンチン帝国)が総督府を置いてイタリア統治の拠点にした都市です。この街には5世紀初頭から6世紀末に建設された初期キリスト教の聖堂・礼拝堂があり、世界資産に登録されています。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)(1997年登録)

 ヴェネツィアの西約30kmのパドヴァにあるパドヴァ大学は、1222年に創立され、イタリアではボローニャ大学に次いで2番目に古い大学です。この大学には1545年に開設された植物園があり、世界でもっとも古い植物園として、世界遺産に登録されています。

モデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場(1997年登録)

 モデナ大聖堂は、イタリア・モデナにある大聖堂で、ヨーロッパで重要なロマネスク建築の一つです。ギルランディーナないしギルランディーナの塔は、大聖堂に隣接する鐘楼です。高さ 86.12 mの塔の上からは市の周囲を一望でき、古くからモデナの主要なランドマークになっています。この建築物の前にあるのが中世の典型的な広場であるグランデ広場です。大聖堂、市民の塔、グランデ広場は1997年に世界遺産に登録されました。

アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ(1998年登録)

 イタリア北東部のアクイレイアにある世界遺産で、紀元前181年に建設された古代ローマ時代の遺跡と、1031年に建設された、中世にこの地方のキリスト教社会の中心であった大聖堂からなります。

ヴェローナ市街(2000年登録)

 円形闘技場アレーナ・ディ・ヴェローナで有名なヴェローナは、ローマ時代の遺跡や中世の街並みがよく残されています。ロメオとジュリエットの舞台となった街でもあり、ジュリエットの家と呼ばれる家も残されています。

ドロミテ(2009年登録)(自然遺産)

 ドロミテは、イタリアのチロル地方、東アルプス山脈に属する山群で、北はリエンツァ川から西はイザルコ川とアディジェ川南はブレンタ川東はピアーヴェ川に囲まれた地域です。苦灰石 (ドロマイト) からなる苦灰岩からなり、イタリアではモンティ・パッリディ (青白い山々) とも呼ばれています。


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.
If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION