ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>イタリアの観光案内>イタリアの世界遺産> ミラノとその周辺の世界遺産

ミラノとその周辺の世界遺産


ヴァルカモニカの岩絵群(1979登録)
 ミラノから車で1時間程度のアルプス山麓を流れるオーリオ川沿いに続いているカモニカ渓谷(ヴァルカモニカ)の岩山に刻まれている岩絵で、古いものでは約1万年からの岩絵があり、新しいものではローマ時代の岩絵が残されている。約8000年の間に彫られている岩絵の数は約14万点におよび、テーマは、農耕、航海、戦争から紀元前1500年頃の集落の地図など多岐に渡っています。


 1497年に完成したレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐は、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の修道院の食堂に描いたもので、ルネサンス文化の最大の傑作と言われています。彼のパトロンであったルドヴィーコ・スフォルツァ公の要望で描かれたもので、ユネスコの世界遺産に登録されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』の紹介は→こちらから


クレスピ・ダッダ(1995年登録)
 クレスピ・ダッダはロンバルディア州ベルガモにある、労働者のために建設された町です。19世紀にクリストフォロ・ベニーニョ・クレスピにより労働者のための理想郷として建設され、1995年に世界遺産に登録されています。


サン・ジョルジョ山(2010年登録)(自然遺産)
 サン・ジョルジョ山は、ミラノから北方へ1時間あまりのルガーノ湖に近いところにあり、スイスとイタリアに分かれています。アルプスと異なり標高1,097mの緑豊かな山です。この山の地層より、中生代三畳紀中期(2億4,500万年前 - 2億3,000万年前)に属する5つの地層から、多くの化石が出土しているおり、2003年に自然遺産として世界遺産に登録されました。


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.
If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION