ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>イタリアの観光案内>イタリアの世界遺産> フィレンツェと中部イタリアの世界遺産

フィレンツェと中部イタリアの世界遺産


フィレンツェ歴史地区(1982年登録)
 歴史的な町並みが広範囲かつ集中的に保存されており、ルネッサンスの芸術、文化をみることができるフィレンツェは1982年に世界遺産に登録されています。主な登録された建造物は以下のようです。
フィレンツェの紹介は→こちらから
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、イタリアのフィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会です。フィレンツェの大司教座聖堂であり、大聖堂(ドゥオモ)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成されています。教会の名は花の都フィレンツェにちなみ「花の聖母マリア」の意味となっており、フィレンツェを代表する教会です。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の紹介は→こちらから


ヴェッキオ宮殿
 かつてのフィレンツェ共和国政治の中心となった政庁があった宮殿で、入り口にはフィレンツェの「獅子像」が飾られています。シニョーリア広場を見下ろす塔は94mあり、ゴッシック建築として有名です。絵画、美術品で飾られた当時の会議場等があります。
ヴェッキオ宮殿の紹介は→こちらから


ウフィツィ美術館
 中世ルネサンスの中心地フィレンツェは、繊維業、金融業を行うメディチ家の豊富な財力のもと、ドナテッロ,ミケランジェロ、ラファエロ、ボッティチエッリ等の多くの芸術家が保護されていました。これらの作家の作品が集められたのが,フィレンツェの美術館です。 もともと役所であった建物に美術品を展示したのが始まりで、古代から18世紀絵画が並んでいます。世界有数の美術館として知られています。
ウフィツィ美術館の紹介は→こちらから


ピッティ宮殿
 フィレンツェの大商人ピッティが建設し、後にメディチ家の所有物となった典型的なルネッサンス式の宮殿です。ピッティ宮殿にあるパラテーナ絵画館、近代美術館、銀器博物館などの一連の美術館をピッティ美術館と呼んでいます。
ピッティ宮殿の紹介は→こちらから


サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
 14世紀建造のドメニコ派の修道院です。ドメニコ派の財力を示すかのように、マザッチョの三位一体、ブルネレスキの十字架像などが収められています。
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の紹介は→こちらから


サンタクローチェ教会
 ダンテ、マキャベッリ、ミケランジェロ、ロッシーニなど著名人の墓がおさめられています。同教会の「受胎告知」(ドナテッロ)は有名です。教会の前のサンタクローチェ広場では、古式サッカーの試合も行われることでも知られています。
サンタクローチェ教会の紹介は→こちらから


ピサのドゥオモ広場(1987年年登録)
 フィレンツェから列車や車で約1時間のピサはヴェネチア、ジェノバとともに中世に、海洋国家として地中海の覇権を争った有数の都市国家です。いまも残る建造物は過去の繁栄したピサを偲ばせます。
 ピサ・ドゥオモ広場にある中世ロマネスク様式の建築物が世界遺産に登録されています。主な建造物としてはピサの斜塔を初めとして、大聖堂(ドゥオーモ)、洗礼堂、墓所(カンポサント)からなります。

ピサの斜塔見学ツアー(大聖堂や鐘楼を含む)は→こちらから

サン・ジミニャーノ歴史地区(1990年登録)
 フィレンツェから南に56kmの丘の上にあるサンジミニャーノの町は、中世の塔などのモニュメントで有名で世界遺産に登録されています。中世の時代には宿場町として栄え、最盛期の13、14世紀には富と権力を象徴する塔が72本も建てられました。現在でも15本の塔が中世の姿のまま残っています。



シエナ歴史地区(1995年登録)
 市街は城壁で囲まれ、世界で最も美しいと言われるカンポ広場を中心に、丘の尾根を放射状に外に向かって伸びており、これらが街の基本的な骨格となっています。金融都市として有名なこの町には、世界最古の歴史を持つモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(1472年創業)の本店があります。ゴシックの美術が栄え、当時はルネサンスのフィレンツェと肩を並べる芸術の中心地でした。カンポ広場、シエーナ大聖堂をはじめ中世のたたずまいが今も残っています。 フィレンツェとは長年ライバル関係にあり、戦争も起きています。 町の中心、カンポ広場では、年に2回パーリオ(Palio)と呼ばれる裸馬のレースがあり、シエナ中が熱気に包まれます。


ピエンツァ市街の歴史地区(1996年登録)
 ピエンツァ出身の教皇ピウス2世は、この地を理想の街にするためフィレンツェの建築家ベルナルド・ロッセリーノを呼び寄せ、数々の建造物を建てました。現在でも大聖堂を始めとする豪奢な建造物が残っています。


ウルビーノ歴史地区(1998年登録)
 歴代の統治者モンテフェルトロ家が永年にわたり支配し、15,16世紀のルネサンス期に栄えた町です。その際に建てられたドゥカーレ宮殿や現在のマルケ美術館等、ルネサンス期の豪奢な建造物が残っています。


アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群(2000年登録)
 アッシジは、イタリア中部の標高約1,300mスバジオ山の斜面に広がる人口2万人強の小さな町ですが、聖人に叙せられたフランシスコ会の開祖フランチェスコが生まれたことで有名で、カトリック教徒の巡礼地として人気があります。ここにあるフランチェスコ聖堂は、フランチェスコの功績をたたえるために建設されたといわれています。また、町の建物は、ここで掘り出される薄いピンク色をした石材からつくられ、町を彩っています。

アッシジの写真集は→こちらから


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.
If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION