ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネスビジネスビジネス
 HOME>旅行・地図>ローマ観光のお手伝い>ローマ観光ガイド>ローマ観光ガイド-番外編-カプリ

ローマ
観光ガイド

ローマの名所








ローマ観光ガイド-番外編-カプリ

 10月にカプリ島へ行きました。天候に恵まれ、五回目の訪問にして、初めて青の洞窟に入る事ができました。

 ナポリから高速船でマリーナ・グランデ港へ着き、そこで大型のモーターボートで青の洞窟の入り口へ向かいます。

 青の洞窟前で4人と船頭さんの小舟に乗り移ります。大型モーターボートにはこの小舟の値段はふくまれていません。全く別の経営なんです。船頭さんはしきりと「料金にチップは含まれてないからね」と強調します。

 洞窟の入り口は低く、ちょっとでも波があると小舟は入れません。波がなくても客は小舟の中に寝そべらないと頭をぶつけます。船頭さんは入り口の岩に打ち付けてある鎖を伝いつつ、自身も船の中に身を投げてくぐり抜け、素早く起き上がって船を操ります。この素早い身のこなしが青の洞窟船頭さんの腕の見せ所です。


 私が乗ったモータ−ボートの船長さんです。鳥の唐揚げを持って白いスーツを着たら似合いそうですね。マリーナ・グランデから、次から次へとモーターボートが出ます。青の洞窟へ向かいながら若い船長のボートと競争したなかなかお茶目な白髪船長さんです。

 この日のように天候に恵まれて青の洞窟見学ができる日は、客が多く、青の洞窟前はバスのターミナルのようにモーターボートが順番を待って何隻も停泊します。錨は投げ込まず、エンジンを低速にしたまま、波に流されないように同じ場所に居続けます。

 で、肝心の青の洞窟はどうだったのかというと、たぶん美しかった…青の洞窟を見られる時は、お客が多く、洞窟の中に長い時間いられません。その短時間についついカメラに収めようとして、自分の目で神秘的な青を味わう機会を失ってしまいました。幸いにして青の洞窟を見学する機会に恵まれたら、ぜひともカメラは諦めてご自分の目で味わっていただきたいと思います。


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION