ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>イタリアの最新情報> 美術館・博物館・史跡の入場情報
美術館・博物館・史跡の入場情報
 
 イタリア各地の美術館、博物館、名所、史跡等の入場情報です。現地に着いてから入れないことの無いように、イタリア観光の際の参考にしてください。


<掲載情報>

バチカン美術館の夜間入場公開(2015.4)
 2015年4月24日から7月31日および9月4日から10月30日の毎週金曜日にバチカン美術館の夜間公開(午後7時から11時、最終入場午後9時半)が行われています。チケットの事前予約で購入することが出来ます。
 入場料は昼間の入場料と同じ20ユーロです。オンラインに限り予約が可能です。詳しくはホームページをお読み下さい。
バチカン美術館チケットの購入代行は →こちらから
イタリアの様々な情報(イタリア最新情報)は →こちらから
サンピエトロ寺院の入場が混雑しています(2014.5)
 最近、バチカンのサンピエトロ寺院も入場者で混み合っており、特に朝は、並んで入場するのが普通になっています。そのためメーデーの休みに続く5月の第1週は、毎日長蛇の列が出来ました。このため従来、寺院内を案内していた観光バスのツアーが、予定が見込めなくなったことから、寺院内の案内を断念して、バチカン広場からの案内のみに変更しています。
 バチカンのサンピエトロ寺院をご覧になる方は、行列が無くなる午後の訪問をお勧めします。また最初に時間予約が出来るバチカン美術館を朝ゆっくり見学されてから(最低でも見学に2時間必要です。)、サンピエトロ寺院を訪問されるのが良いと思います。
バチカン美術館チケットの購入代行は →こちらから
イタリアの様々な情報(イタリア最新情報)は →こちらから
聖十字架伝説の見学予約(2014.4)
 中部イタリア・アレッツォの中心部にあるサン・フランチェスコ教会には、世界宗教美術史上最も有名な絵画の一つである、フレスコ画「聖十字架伝説」が保存されています。中世のフレスコ画としては、これほど保存の良い状態のものは無いと言われています。フレスコ画「聖十字架伝説」は、30分毎25人までのグループによる見学で予約制となっています。
 聖十字架伝説の見学チケットの購入代行は →こちらから
 イタリアの様々な情報(イタリア最新情報)は →こちらから
バチカン美術館でのクレジットカードの利用について(2014.1.20)
 これまでバチカン美術館では、銀行間の協議が成立しなかったため、一時的にクレジットカードが使えないでいましたが、協議が成立したことから、クレジットカードが使えるようになりました。
フォロ・ロマーノ、コロッセオ、パラティーノの丘の入場チケット共通化(2011.8.1)
 フォロ・ロマーノ、コロッセオ、パラティーノの入場料金のシステムが変わりました。これまでは別々の料金でしたが、今後は1カ所の見学でも、3カ所分の料金の11ユーロを支払わねばならなくなりました。実質的な値上げです。ただしチケットは2日間使えますので、有効に利用してください。
元旦に入場可能なローマの博物館・史跡(2011.11)
 元旦はイタリア全国の祭日で、主な観光施設はクローズになります。ローマで入場可能な見学先はローマ国立博物館,サンタマリア・マジョーレ教会、パンテオン、カラカラ浴場等です。
ボルゲーゼ美術館の予約状況(2011.2.1)
 16世紀から19世紀に活躍したベルニーニ、カラバッジオ、ラファエロ、ティツィアーノの作品が並ぶボルゲーゼ美術館に、見学予約制度が導入されています。見学時間帯が5つあり、この中から選ぶシステムになっています。人気があり3ヶ月先まで予約が埋まる状況ですので、お早めにお申し込みください。詳しくは、次のページをご覧下さい。
ピサの斜塔の入場見学方法(2010.7.1)
 修復工事の完了したピサの斜塔は、人数を限って入場することができるようになりました。電話の予約受付期間は、見学希望日25日前から16日前までです。この際にチケットはクレジットカードによる前払いが必要です。見学希望日16日前未満ですと、空いている事を確認の上、ピサの予約発券所に赴き、直接チケットを購入しなければなりません。
ピサの斜塔の見学予約の代行は→こちらから
バチカン美術館の行列(2008.7.1)
 最近、システィーナ礼拝堂のあるバチカン美術館は、朝から長蛇の列となっており、1、2時間待ちはザラになっています。どうしてもご覧になりたい方は、事前予約するか、朝早くから並ぶ必要があります。なお、時間に余裕のある方は、午後からの見学をお薦めします。特に15時以降は、ほとんど並ばずに入場できるようになっています。
バチカン美術館の見学予約の代行は→こちらから
バチカン美術館の入場情報(2007.5)
 バチカン美術館の入場は相変わらず混み合っています。まず建物に入り、空港のようなx線検査の後、一階上がって切符売り場に行きます。下の切符売り場は団体向けですので間違え無いように。切符の購入時間は、8:45〜15:30分迄です。切符売り場を過ぎると、エスカレーターに乗ります。エスカレーターを上り詰めた所で左手にカウンターがあり、そこでオーディ オガイドを貸し出しています。身分証明書を預けますので、身分証明書(パスポート)がないと借りることができません。 切符購入後、そのまま入り口になります。館内の行き来は比較的自由ですが、ラファエロの間とシスティーナ礼拝堂は後戻りができません。システィーナ礼拝堂への入り口は狭い階段で、一方通行で、システィーナ礼拝堂の後は出口へ向かう道しかありません。16:45はすべての窓がしまり、明かりが消され追い出されるますので、ご注意下さい。
バチカン美術館を待たないで見ることの出来るの見学予約の代行は→こちらから
コロッセオ入場の裏技をお教えします(2005.5)
 最近、コロッセオの内部入場は、切符売り場が長蛇の列となっており、1、2時間待ちはザラになっています。並んで待つのが嫌な方は、via gregorioの入り口から、入場券を買って入ると、コロッセオで改めて並ぶ必要がなくなります。ここで入場券を買うとパラティーノの丘とコロッセオの入場ができます。この切符があれば 切符購入の列を無視して入り口まで直行できます。


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION