中島洋子の部屋



イタリアの食の文化


フィレンツェで1日だけ手作りパスタレッスン

中島 洋子(なかじまようこ):
イタリアンフードコーディネーター
自宅でサロン形式のイタリア料理レッスンを主宰
 イタリア食材・料理のコーディネーターとして、イタリア国内の展示会通訳や、食関係の企画・コーディネートなどに携わる。2008年イタリアの国家観光ガイド資格を取得、ワインや食と観光を組合わせた新しいツアーを提案。トスカーナ地方のサグラ(食の祭り)を訪れて、旬の郷土料理を食べ歩くこととが趣味。

   中島洋子の活動は→こちらから

フィレンツェで1日だけパスタレッスン:
 日本でも購入可能なパスタマシンなども使って、4種類のイタリアで伝統的な手作りパスタ(タリアテッレ、カペッリーニ、オレキエッティ、トルテッリーニ)を作ります。

 このレッスンでは実技の他に、パスタマシーンの使い方や手入れ方法の説明を致します。また形状の違う手打ちパスタごとに適したフィレンツェ市内にある自宅キッチンでイタリア料理を教えます。パスタソース各種についてお話します。そのうちのいくつかのパスタソースを実際に作って手打ちパスタと和えて試食します。

<セージバターのタリアテッレ>
 パスタマシーンを使って作る平たい卵麺の手打ちパスタ

 タリアテッレ用のパスタソースには、セージバターのソースを作ります。

<カペッリーニ>
 パスタマシーンを使って作るラーメンのように細い卵麺のパスタ・カペッリーニ。

 カペッリーニ用のパスタソースには、レモンソースを作ります。

<オレキエッティ>
 パスタマシーンを使わずに作る南イタリアのプーリア州の伝統的な手打ちパスタ。耳の形をしている為に、イタリア語でオレキエッテ「耳」と名付けられたパスタです。

 オレキエッテ用のパスタソースには、トマトソースを作ります。パルメザンチーズを振りかけていただきます。

<トルテッリーニ>
 トルテッリーニは、ボローニャ生まれのパスタで、薄く伸ばした正方形の生地にラビオリのように詰物をして、それを三角形に折り、両端を合わせて指輪状にしたパスタです。

 具としてはミンチないし細かく刻んだ肉を詰め込みます。ブイヨンのスープに入れて食べるのが伝統的な食べ方です。

料金:
・お1人につき80ユーロ(2ないし3名で開講)
・料金にレッスンの食材代が含まれています。
・プライベート・レッスン 160ユーロ
・レッスン時間は約5時間です。
レッスン開始時間:
・ランチコース:午前10時
 終了後にランチとして試食します。
・ディナーコース:午後2時
 終了後にディナーとして試食します。

開催場所:
・フィレンツェ・トラム Federiga(フェデリーガ)駅近く。フィレンツェ中央駅から約10分。お申し込みいただいた後、詳しい場所をお知らせします。
お問い合わせお申し込み:
・氏名、住所、電話番号、人数、日程、ご希望内容をメールでお知らせ下さい。

<食材探訪とパスタレッスンコース>
 食材探訪ではフィレンツェの市場で料理レッスンで使う食材を実際に手に取っていただくと共に、野菜やチーズ、サラミ、乾物といった様々な食材について中島が解説を致します。バルサミコ酢とエクストラバージンオリーブオイルの試食をしていただき、気に入ったものはお土産としても購入できます。

 最後にイタリア料理に必要な調理器具が揃う老舗、トスカーナの伝統菓子カントゥッチのお店に寄ります(約3時間)。
 軽い昼食を中央市場のフードコートでおとりいただきます(ご希望があれば地元の人気のトラットリア等でのお食事にご案内します)。
 昼食後,トラムを使ってレッスン会場である中島の自宅まで移動します。そして午後のディナーコースの料理レッスンをお受けいただきます。

料金:
・お1人につき120ユーロ(2ないし3名で催行)
・料金にレッスンの食材代が含まれています。
・9時半ツアー開始の1日コースとなります。
・昼食代、トラムの実費はお客様の負担になります。
・レッスン終了後にディナーとして試食いただきます。