イタリアの食の文化


ヴェネチア料理と食材、ワイン

 ヴェネツィアの料理といえば、何と言っても魚介類です。アドリア海からとれる様々な種類の新鮮な魚介類をつかった料理が中心です。
 
 ヴェネツィアでは、パスタより米が有名です。 また、小麦粉のかわりにトウモロコシ粉を使ったポレンタもヴェネツィアの名物料理となっています。

ヴェネチア料理

<前菜>
 
イワシのマリネ(SARDE IN SAOR):

 イワシに衣を付けてフライしたものを、タマネギ、ワインビネガー、レーズ ン、松の実などと和えてマリネしたものです。
 
クモガニのベネツィア風(Granseola alla veneziana):
 地中海に棲息するカニの一種。クモガニを茹でて、サラダと一緒にオリーブオイルとレモンで召し上がっていただきます。
<プリモ:パスタ>
 
イカ墨のスパゲッティ、リゾット(Spaghetti con il Nero di Seppie)(Risotto alle Seppie Nere):

 ヴェネツィアの代表的な料理です。イカスミにほんの 少しトマト風味が加えられています。基本的に同じソースを使います。
 
赤海老とホタテのリゾット(Risotto Tradizionale con gamberi rossi e capesante):
アカザエビ和えスパゲッティ(SPAGHETTI CON SCAMPI):
<セコンド:肉・魚>
 
魚介のフリット(Fritto di mare):

ヴェネチア風子牛のレバー(Fegato alla veneziana):
 子牛のレバーをヴェネチア風に煮込んであり、ポレンタが付け合わせにでてきます。
<ドルチェ:デザート>
 
ティラミス(Tiramisu):

 マスカルポーネチーズを使った有名なイタリアンデザートの代表のティラミス。「元気をださせるお菓子」として、ヴェネチアで生まれたと言われています。ちなみにコーヒーのカプチーノは、ヴェネチアのカフェ・フローリアン(写真右)が発祥の地です。

ヴェネト州(ヴェネチア)のワイン

 水の都と呼ばれる州都ヴェネチアがあるヴェネト州では魚介料理にあう白ワインの産地として有名です。イタリアを代表する辛口の白ワイン・ソアーヴェもこの地域で生産されています。また発泡性白ワインのプロセッコは、タンク内二次発酵によって造られるのでシャンパン製法で造ったものに比べ、ブドウ由来の果実のアロマとフレッシュ感が楽しめます。この他にワインの絞りかすを蒸留して作られる、イタリアではポピュラーな食後酒グラッパがヴェネチア近郊で作られています。

食材

・アドリア海からとれる様々な種類の新鮮な魚介類
・ホワイト・アスパラガス
・紫キャベツに似たチコリの一種のラディッキオ・トレヴィーゾ
・ポレンタ(細挽きのとうもろこしの粉を練ったもの)

 pavilinzero
サラミを載せたポレンタ焼き
お問合せは→こちらから