ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>イタリアの食の文化> ミラノ料理と食材
イタリア
食のガイド





トスカーナ食の体験ツアー

収穫祭サグラと地元の祭り




ミラノ料理と食材

ミラノ黄金料理
 イタリアでは、黄金色をお金持ちのミラノに比喩することがあります。黄金色に仕上げた料理につけられ、それがイタリア経済(金→黄金)の中心都市であるミラノと結びつけられ、これがミラノの黄金フードの由来といわれます。

 ミラノ風カツレツ「コトレッタ」は、バターとオリーブオイルで揚げます。コトレッタは、揚げると黄金色になります。これがミラノ風の由来です。高級店では揚げる際に必ずバターを使っていますが、手頃な店ではオイル揚げとなっています。高級店では30ユーロするところもあり、けっしてお手頃の料理とは言えないところがあります。

 ミラノ発祥の地方で有名な料理と言えば「オッソブッコ(子牛スネ肉の煮込み)」が有名です。まず、オッソブーコの名前の由来ですが、osso=骨、buco=穴で、穴の空いた子牛のすね肉を使った煮込み料理です。
 ミラノ風の特徴はレモンの皮のすりおろしと刻んだパセリとにんにくで作るグレモラーダで風味をプラスする点と、付け合わせにサフランで色取りしたミラノ風リゾットを添える点にあります。ミラノでは基本的にはこのオッソブッコとリゾットを一緒に食べるのが習わしなのです。

 サフランを使ったリゾットミラネーゼも、黄金色であることがポイントです。この料理はある結婚式においてその結婚を望まないガラス職人がいじわるをしようとリゾットにサフランを入れたのが始まりと言われています。結婚式に参列した人々は黄色くなったリゾットを恐る恐る食べてみるとこれが意外に おいしい、ということになり今ではお祝いの意味も含めてミラノでは有名な料理になりました。


→ミラノのお勧めレストラン

食材
 チーズはグラーナ・パダーノという、パルミジャーノチーズよりもやや淡白な味のチーズが特産品。他にもマスカルポーネチーズや、ストラッキーノという柔らかいフレッシュタイプのチーズがある。生ハムやサラミ類の加工品も発達しています。

料理
オッソブーコ:仔牛のすね肉の煮込み
ミネストローネ:米入り野菜スープ
コトレッタ・アラ・ミラネーゼ:骨付き仔牛肉のカツレツ
リゾット・アラ・ミラネーゼ:サフラン風味のリゾット

ドルチェ(デザート)
ティラミス:ロンバルディア州特産のマスカルポーネチーズを使う定番デザート。専門のパティシエ(菓子職人)がいる店がお勧め。
パネットーネ:クリスマス定番ドルチェ。レーズンやオレンジピールなどが入ったリッチな甘いパン。


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION