フィレンツェ市内の食材探訪ツアー
その1カッシーネの市場

 フィレンツェ在住のフードコーディネータ中島洋子さんが、フィレンツェ市内の食材探訪ツアーとしてお客様をカッシーネの市場にご案内し、イタリアの美味しいものや、料理の説明をします。今回はエノガストロミーツアーの一環として、カッシーネの市場をご案内します。
 
 今回は食材探訪ツアーをフィレンツェで企画致しました。今回の「エノガストロノミーツアー」に参加していただいたお客様は、何度もイタリア訪問の経験をお持ちのO様ご一家です。奥様はイタリア料理にご関心をお持ちで、お客様をもてなすことが大好きな素敵な方です。昨年夏には中島さんの日本での出張料理教室でレッスンを受けていただきました。
 
 ご案内したのは、カッシーネの市場、キッチン用品店、中央市場、昼食にビステッカが美味しいお店で食事と厨房見学、大型スーパーUNICOOP、エノテカでの試飲です。様々な試食や試飲を楽しまれ、食材店やイタリアならではのキッチン用品店でお買い物いただき、楽しい1日を過ごしていただきました。

中島洋子さんの紹介 中島洋子さんの料理教室 中島洋子さんの観光ツアー

カッシーネの市場へのご案内

 フィレンツェの街中を横切るアルノ川に沿って広がるカッシーネの森。カッシーネの森の入り口付近から中央付近まで川沿いの歩道に沿って、フィレンツェ最大のカッシーネの市場が毎週火曜日の午前中に開催されています。食料品や野菜・果物等を初めとして、日用品や衣類、ファッション小物まで売られています。また屋台が並んでおり、お腹がすいたら屋台でパニーニや、たくさんある具から好みの具を選んでパンに挟んでもらえるハンバーガーなどが3〜5ユーロ程度で食べられます。
 
 出店で売っているものは、スーパーと似通っていますが、安く、種類も豊富で、旬の新鮮な野菜やこだわりの食材を手に入れたい人にお薦めです。市場でのお薦めは、八百屋やペコリーノチーズの出店、イタリア野菜の種や苗、揚げ物の出店、豚の丸焼きの出店など各種、食に関するお店を見て回ること。トスカーナの食材の豊かさを実感できます。気持ちの良い川沿いの市場を歩きながら、食材についての説明を聞いて学ぶのも、出店で味見をするのも「エノガストロノミーツアー」の醍醐味です。

チーズとハムの出店

water kiosk

 散策中に市場の2つの出店でペコリーノチーズを試食されました。上の写真のお店はイタリアに良くあるタイプのチーズやハムの量り売りの出店。
 
 下の写真のお店は、羊の乳で作られるペコリーノチーズの出店です。熟成したペコリーノチーズを薄く切ってもらい、皆さんに食べ比べをしていただきました。
 

water kiosk

 熟成年数の短いものは比較的柔らかく、熟成期間の長いものになるにつれて固く引き締まりチーズの香りも強くなっていきます。
 
 出店には量り売りのアーモンドや、ナッツ類をたっぷり練り込んだ甘いヌガー状の手作りのお菓子も売っていました。
 

シチリア産とカラブリア産の食材を扱う出店

water kiosk
乾燥オレガノの束

 南イタリアのシチリア産とカラブリア産の食材を扱う出店です。ヒマワリ柄のビニールシートの上に所狭しと並べてあるのは、アンチョビの塩漬けやオイル漬け、カラブリア名物の唐辛子をペースト状にした瓶詰め、量り売りのドライトマト、クリーム状にしたカルチョーフィの瓶詰めやにんにくのオイル漬け、カッチョカヴァッロという南イタリアでよく食べられているチーズなどです。
 

八百屋の出店

water kiosk

 サンマルツァーノを始めとした各種トマトや青々とした葉野菜、新鮮な旬の野菜や果物が並んでいます。量り売りなので1個から買うこともできます。ケースごと買って値切るのもよし、必要な分だけ数個袋に詰めて計ってもらって買うのもよし。
 

野菜の種と苗を扱う園芸店

water kiosk

 イタリア野菜の種や苗などを扱う園芸店で、お客様はイタリア野菜の種のお買い物をされました。そして、娘さんご夫婦は出店でミント味とレモン味のグラニータ(イタリアのかき氷のような飲み物)を召し上がりました。
 

 

 美味しいイタリアの『食』をテーマにした五感を刺激する食材探訪のイタリア旅行は、一味も二味も違います。今回ご紹介したフィレンツェで1日食材探訪ツアーの参加者は随時募集しています。どうぞお気軽に株式会社イタリアンビデオコレクションのinfo@ivc-net.co.jpまでお問い合わせください。
 
 中島洋子さんがガイドする観光ツアーについては→こちらから