ローマから吹く風




ルッカで間違いのないレストラン

←354 前の情報を見る    次の情報を見る 355→

 以前にも紹介したトスカーナはルッカにあるレストランジリオ(百合)にまたまた行ってきました。やっぱり満足度が高いのでもう一度紹介します。上の画像はジリオのホームページより。店内です。18世紀の建物を使ってまして、当時のフレスコ画の下、高級感も味わえます。
 
 ジリオの料理の特徴は伝統的なトスカーナ料理に現代のテーストを加えてオリジナル料理にしている事。 「現代のテースト」と伝統料理のバランスが絶妙です。料理に限らず、ヨーロッパでは様々な分野で日本文化の影響をこぞって取り入れています。「現代的なテースト」が日本伝統文化というところがくすぐったいところです。ジリオではその「現代的テースト」である日本文化を隠し味(山葵とか)とワビサビ的な器の選択に出ています。


<かぼちゃのビロード風(ZUCCA VELLUTATA)>
 突出しです。最近、ちょっとしたレストランでは「シェフからのご挨拶」と称していわゆる「突き出し」を出すところがおおくなってきました。なんだかちょっと得した気分です。
 
 火を通したかぼちゃを潰して濾してビロードのように滑らかにして味付けをします。


<お供のワイン>
 
 RUFFINO、140年前に生まれたトスカーナを代表するワインです。腰があってお肉によく合います。

 



<第一の皿:トスカーナ風穀物スープ>
 
 トスカーナに来たらこのスープをたべてください。穀物の組み合わせは色々です。
 
 これは大麦とボルレッティ豆という小豆色の親指の爪程度の大きさの豆です。元々は余った野菜と安くて栄養価の高い豆を 使った家庭料理ですから、正確なレシピというのはありません。
 
 この店でも、野菜をみじん切りにしてぐつぐつ煮込み、トマトをいれてぐつぐつ煮込み、すでに茹でた豆と大麦をいれたと思います。ちなみに私が我が家で作る時は、セロリ、にんじん、玉ねぎ、ニンニクのみじん切りを炒めずにぐつぐつ形が無くなるまで煮込みます。
 スープを食べる前にエキストラ・バージン・オリーブオイルをひと回しかけます。

 



<第二の皿:牛のリブの炭火焼>
 トスカーナはお肉も美味しい地域です。付け合わせには小さい玉ねぎの甘酢煮、グリーンサラダにフィノッキオ(ウイキョウ)のスライス。 写真右は肉のアップ おいしそうでしょ。

 



<デザート:クリームのパイ包>
 
 写真を撮ったものの、メニューの名前をわすれました。パイに包まれたのはクリームだったと思います。おいしくて、先を急いでしまいます。
 高級感があり、値段はそこそこ、とりあえず、今回のように三皿のコースで一人50ユーロくらいから。 給仕さんの客あしらいは丁寧で、一人でも、家族でも、ロマンチックにカップルでも気持ちよくたべられます。
 
Ristorante Giglio
 Piazza del Giglio 2 Lucca
 12:30ー14:45、19:30ー22:30 火曜休み
 URL:https://www.ristorantegiglio.com/