ローマから吹く風




Nonno(おじいちゃん)の誕生日パーティ

←330 前の情報を見る    次の情報を見る 332→

 前回、海のそばのレストラン(ダンナが知人友人から情報を仕入れて新たに開拓したもの)が祝われるご本人によって却下された。そして、今回の誕生日でも提案していた。ダンナが舅夫婦を迎えに行って、レストランへ行き、また送る…と申し出ていた。
 
 「毎日車で行き来して疲れてるのに日曜日にそうさせるのは申し訳ない。食べるものは自分たちで持って行くから、出かけないで家でしよう。皆、休める」という舅の子思いの心で、おじいちゃんが息子夫婦の家(Midoromaさんの家)にきて、Nonno(おじいちゃん)の誕生日パーティを開催しました。


<ラザーニャ!>
 
 プリモのラザーニャはイタリアではお祝いのときによくだされる料理です。ラザーニャは手がかかるので、日曜日という主婦も時間がとれる日に作ると決まっています。
 
 ここでも日曜日のお祝いの料理=ラザーニャの特殊性が証明されました。今回は料理上手な舅の後妻マリアの手作りのラザーニャです。
 
 いつものマリアの手作りのラザーニャにみんな大満足。

<ウサギとポテトのオーブン焼き>
 セコンドはウサギとポテトのオーブン焼き。これもマリアの作品です。
 
 ウサギは日本ではほとんど食べないし、ダンナはあまり興味ないので,Midoromaさんは買った事がありません。
 
 料理のうまいマリアの手にかかるとなんでもおいしいのですが、これはまた特に逸品でした。鶏肉に似ていて、もうちょっと香りと味があります。マリアのお料理にほれぼれします。


<Cin cin!>
 
 日本で普通にある小粒のブドウ。イタリアでは珍しく「イチゴ・ブドウ」と呼んでいます。
 
 そのブドウで作ったスプマンテ。フルーティーな香りでやさしい。肝臓を患ってアルコールを飲めない舅も、これは年に一度、コップに半分いく。。
 
 結局、メインの2品は舅夫婦の持ち込みでした。でもNonno(おじいちゃん)はとっても嬉しそう。いくつになっても家族で誕生日を祝わってもらえるのは幸せなんですね。年に一度スプマンテも飲めることだし。。。。。