ローマから吹く風




マルティーナ・フランカのスーパーマーケット

←309 前の情報を見る    次の情報を見る 311→


 
 あまり日本では良く知られていませんが、プーリア州はイタリアの3大美食地帯の一つです。ここに行くとその土地ならではの食材に目がいきます。
 
 


 


 
 南イタリア、プーリア州のマルティーナ・フランカはMidoromaさんの舅の後妻の故郷でちょくちょく遊びに行った場所です。
 
 バロックとロココ様式の白い建物の美しい小さな町です。
 

 ローマに持ち帰るチーズとその夜に食べるものををスーパーに物色しに行きました。


 
 まずはチーズから。狙い目は「カチョリコッタ(cacioricotta)」。
 
 南イタリア(プーリア、バシリカータ、カラブリア)の特産品で主にひつじかやぎの乳から作るチーズ製法と(ヨーグルトなどの)乳製品製法とのハイブリッドの準フレッシュチーズです。
<モッツァレラ・チーズ>
 プーリアにはいろいろな形のモッツァレッラがありましてこれもその一つ。モッツァレッラは厳密には製法から言って「チーズ」ではなく「乳製品」なんだそうです。
 
 そもそもは固まってきた乳を手ですくい取って親指と人差指の輪っかから押し出して丸くするのがよく見るモッツァレッラ。夕食用に買ったこれはうどん粉を伸ばすように伸ばしてからちぎって一結びしたもの。ふにゃっとしてなくて、繊維があるような歯ごたえのあるできあがりです。
<ストラッチャテッラ・プリエーゼ(stracciatella pugliese)>
 有名な「ブッラータ(イタリア語の「バター」”BURRO"から来ている名前)」のさらに新鮮な状態の乳製品です。新鮮なうちに食べるしかありません。
 
 バターや生クリームのように乳の脂肪分からできているのでカロリーは100gにつき230Kcalだそうです。でも、たまのことだし量をたっぷり食べるわけではないので。しかもせっかくのプーリア訪問でこれを食べずに帰るわけにも行かず購入しました。


 
 プーリアのスーパーにはどこでも生パスタ売り場があります。プーリアでもパスタをスーパーで買う人が増えています。手前の耳たぶ状のパスタがプーリア特産の「オレッキエッティ」です。


 
<赤い「プンタレッラ」>
 
 プンタレッラはチコリの一種でローマでよくサラダにして食べます。プーリアのものは根本が赤くなります。
 
 鉄分が多いのかな。土地のせいかもしれませんね。旅先で、買っても食べられない(このためだけにサラダオイルやら塩やらを買わなくてはいけない)ので写真だけ。

<バラッティエレ・Barattiere>
 これもプーリア特産。調べたところによるときゅうりとメロンが自然配合して偶然出来たものだとか。小型メロンのようで、きゅうりの味がしてきゅうりほど酸味がなく、消化しやすい果物?です。甘みは一切なく、デリケートな青臭さで口の中がさっぱりします。サラダに混ぜたり、塩をかけたりしないで、皮を剥いて種をとってナマのまま食べます。食事の最後に食べるものです。
 
 長年、夏をプーリアの後妻の故郷で過ごした義妹はプーリアに来たらこれを食べずに食事を終えることが考えられないそうです。