ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>カルチャー> ローマから吹く風>ヴィエトリの陶器屋さん

ローマから吹く風n.249

陶器の街ヴィエトリ 〜その2

Luigi

 Vietriは陶器の町。陶器の町だから陶器屋さんだらけ。

 漠然と店に入ったり、出たりして色々眺めてみる。
 店の表を大作で飾ったりしている。
 


こんな陶器屋さんを見せたい 陶器の街ヴィエトリ

 


こうして数ある店を覗いていくと、始めはどこも同じように見えていた陶器の風格とか品格の違いを感じてくるようになって来る。

アヒル型

Luigi


 手が込んでる


すごくよくある中型の店の形式。ところ狭しと重なっているので、品物を見るときは要注意。 特に大きめのバッグを肩にかけていると怖い。

Luigi


 小さな工房の看板

伝統的なお皿。
これはきれいだね。


オリジナルなモダンな作品を作る工房。

Luigi



ここはやけに整然と並んだお店。

Luigi



絵の内容に合わせてハンターの二人も一緒に。


ここもややモダン。

Luigi


アップ。

伝統工芸を模した大量生産品は、やや品格に欠ける。安いけど。
モダンアートのような陶器は、私はあまり気に入らなかった。

Luigi

一番気に入ったのはここ、Ceramica Pinto

住所:C.so Umberto I, 31 84019 Vietri Sul Mare (SA)
Telefono:+39 (0) 89 210271 Fax:+39 (0) 89 212299

かなりの大型店で、床タイルや壁タイルの大型注文も受けつける。

Luigi


フローラルで若干の東洋趣向が入った古典柄で色味の品が良く、模様が繊細。
店主らしき人に聞いたら、伝統技術を継承していくのが店(工房)のモットーとのこと。

Luigi

街角から見たPinto工房。やはり漁師さんが網で魚穫りしている。これはヴィエトリのモチーフかもしれない。

Luigi


日本からのリクエストで購入したPinto工房の壷
何に使うのか判らない。でもバブルの頃は、こんな壼がイタリアン・デザイン・マンションに沢山おかれていたとのこと。恐るべし、ニッポン。

Luigi

これは、店の表の飾り。ポンペイの遺跡で有名な「猛犬に注意」のタイルに出てくる犬だ。
ベネツィアのガラスも同様、観光客が記念に買うには熟練した職人が作った「本物」はチョと高い。
結局、大量生産品があちこちへばら撒かれることになるのだ。それだけ見ていると、それはそれでよく見えてくる。

ベネツィアの屋台のものはほぼ中国製らしい。ヴィエトリの陶器は、まだ中国製に侵されてないだけマシか。

ヤマネ・ミドリさんと回るローマのツアー


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION